Menu

事前に費用を知る事が大事

畳

相場を抑えて比較する

年末の大掃除や引っ越し、家族の独立などのタイミングで行う事が多いのが畳替えです。一般家庭において畳替えは頻繁に行うものではないので、費用や相場などはなかなかつかみ難いものです。費用を事前に把握しておく事はリフォームの基本ですから、畳替えを始める前にはおおよその費用の目安を知っておくことが大切になります。一番価格が安いのが傷んだ畳表を裏返してそのまま使用する「裏返し」。畳表がそれほど傷んでなく、日焼けが目立つ場合などに行います。畳業界では3500円〜6000円程度が平均的な相場となっています。畳表と畳縁だけを新しいものに取り替えるのが「表替え」。取り替える畳表のグレードによって価格は変わってきますが、外国製の畳表で5000円程度、高級いぐさを使用した日本製なら数万円を超えるものまであります。お手頃な費用で新しい畳に生まれ変わるため需要が多いのが特徴となっています。一番コストが高いのが畳をまるまる新しいものに取り替える「畳替え」。畳の表面が波打っていたり、踏むと沈み込むような場合は心材の畳床が傷んでいる可能性があるので新しい畳に交換する必要性があります。新しい畳の相場は外国産なら1万円程度から、国産の高級藁畳床などでは5万円程度と幅が広くなっています。畳替えの費用はこの他に古畳の処分費用、家具の移動費用などが発生する事があるので、依頼時には確認が必要です。依頼先は昔ながらの畳店や近年多いリフォーム会社などがありますが、同程度の畳替えでも依頼先によって費用が変わってくる事があります。ネットで評判を調べたり、相見積もりを取るなどして納得できる畳替えを目指しましょう。

Copyright© 2018 自宅に和室があるなら必見|畳替えのタイミングを知っておこう All Rights Reserved.