Menu

畳表の質の違い

畳

費用は質と量枚数で決まる

畳替えで業者に依頼する際気になるのは費用ですよね。畳替えにかかる費用は畳そのものの質と枚数によって大きく異なります。現在畳に使用されているい草は中国産か国産のどちらかです。中国産はささくれ立つのが早かったり持ちの悪さがありますが、ぱっと見では国産に劣らず価格もとても安いのが魅力です。一方国産は、持ちがよく色むらや変色が少なく仕上がりが素晴らしい分価格は高めとなります。またい草の長さや密度によっても異なります。短いい草を用いているものは安く、希少な長いい草で作られた畳表は高くなります。1枚あたりの相場としては1番安いものは6000円程度で購入できます。子ども部屋やペットがいるご家庭など畳替えを行う機会が多い方におすすめです。居間などみんなが集まる場所や、お客様をよく招く方は8000円から10000円程度のものを選ぶと、見栄えも美しく長持ちします。もっとグレードの高い物をという方は12000円以上もする高級品もあります。素晴らしい素材で作り上げた畳は、見た目の美しさ・感触・耐久性ともに申し分のない仕上がりです。また、畳の縁についている畳縁という布に関しては費用に組み込まれている場合が多いので、数種類ある中から選ぶのであれば無料となります。しかし、細部までこだわりたい方はオリジナルを作成することも可能です。その場合は大体1枚あたり300円から500円ほど追加されます。畳替えにかかる費用は1枚あたりの価格と使用する枚数となりますので、一般的な8000円の畳表を使用し6畳交換すると約48000円かかることになります。業者に依頼する時には、複数の業者から見積もりを取り、使いたい畳のグレードの相場を把握するとどのくらいの予算が必要なのかがわかります。また実際に使用する畳表を見せてもらい予算と品質が見合っているかの確認も忘れずに行ないましょう。

Copyright© 2018 自宅に和室があるなら必見|畳替えのタイミングを知っておこう All Rights Reserved.